名義変更の流れ|株式会社田中自動車

株式会社田中自動車
車買取
名義変更の流れ

自動車の名義変更

自動車の名義変更とは、売買や相続等で自動車の所有者を変更する際に行う手続きです。
正式名称は、移転登録といいます。
  移転手続きについて(関東運輸局のHP)

手続きを行う場所は、
・普通車の場合
 新たに所有者となる方の住所(使用の本拠)を管轄する運輸支局(陸運局)になります。
  全国運輸支局等のご案内(国土交通省のHP)

・軽自動車の場合
 新たに所有者となる方の住所(使用の本拠)を管轄する軽自動車検査協会になります。
  全国の事務所・支所一覧(軽自動車検査協会のHP)



名義変更の流れ

  普通車の名義変更を例に説明しています。

@ 必要書類を用意します。
  (名義変更の必要書類を参照)

A 手数料を払います。
  陸運局構内の印紙販売窓口で、移転登録手数料分の印紙を購入します。
  (手数料納付書に貼ってくれます)


B 登録受付窓口に書類を提出します。
  書類一式を運輸支局窓口に提出します。
  こちらで不備がなければ、新しい車検証が交付されるまでしばらく待機します。


C 車検証の交付
  窓口で名前を呼ばれ、新しい車検証の交付を受けます。
   交付された車検証に記載ミス等がないか、必ず確認を行って下さい。


D 税金の申告
  陸運局内の自動車税事務所の税申告窓口に、自動車税・自動車取得税申告書と車検証を
  提出します。自動車取得税が掛かる場合は、こちらで計算がなされ金額が提示されますの
  で、続けて納税を行います。



ナンバープレートの変更を伴う場合

E ナンバーの返納
  陸運局内のナンバー返納窓口にナンバープレートを返納します。
  ナンバーを外す為のドライバーは返納窓口あるいは封印所に用意してあります。

F 新しいナンバーの交付
  陸運局内のナンバー交付窓口で、新しいナンバープレートを購入します。
  新しいナンバーを車両に取り付けます。
  係員が車検証と車台番号を確認し、リアナンバーに封印をします。


掲載内容は地域によって若干違いのある場合がございます。名義変更を行われる前に予め、管轄の運輸支局にご確認下さい。
月末の繁忙期は、窓口に書類を提出するまでに長蛇の列となっていたり、新しい車検証の交付まで時間が掛かることもあります。


ダウンロード(千葉運輸支局のHPより)
 譲渡証明書  委任状  理由書(紛失)  親権者同意書

メールで査定依頼する

このページの先頭に戻る

株式会社田中自動車
  • 本店
  • 本店展示場
  • 整備工場
  • 流山店
  • 石巻店
  • 春日部店
  • 水戸店