陸運事務所でユーザ車検を受ける時の検査内容についてご案内しています。

株式会社田中自動車
車買取

車検内容について

「ユーザー車検」を受ける際の、検査場での検査の流れや、検査の内容についてご説明します。

検査コースの流れ(普通車・野田陸運局の場合)

@検査コース入口

 (1) 外廻り検査
  車検証記載の内容から変更や改造が行われていないか確認します。
  自動車の外観(車体・灯火類など)に問題がないか確認します。

 (2) 同一性の確認
  自動車のボンネットを開けて、車検証や申請書類の記載内容と、車両が同一であるか確認します。

A検査コース内

 (1) サイドスリップ検査
  前輪タイヤの横滑り量で直進安定性の確認をします。

 (2) スピードメータ検査
  実際の速度と、速度表示機器との誤差の確認をします。

 (3) ヘッドライト検査
  ヘッドライトの光量、光軸が、基準値内であるかの確認をします。

 (4) ブレーキ検査
  前輪、後輪、及び駐車ブレーキの制動力の確認をします。

 (5) 排気ガス検査
  排出ガスのCO(一酸化炭素)と、HC(炭化水素)の濃度の確認をします。
  (ディーゼル車はこの排気ガス検査は行わず、別途ディーゼル車専用の排気ガス検査を行います。)

 (6) 自動車検査票に記録(打刻)
  記録器に自動車検査票を挿入し、(1)~(5)の検査結果を記録します。

 (7) 下廻り検査
  車両下部の不具合(かじ取り装置・オイル漏れなど)の確認をします。

 (8) 自動車検査票に記録(打刻)
  記録器に自動車検査票を挿入し、(7)の検査結果を記録します。

B総合判定所

 全ての検査が終了しましたら、検査コース出口の総合判定所に書類一式を提出します。
 検査の総合判定が行なわれ、問題がなければ自動車検査票の右下「審査結果通知欄」に押印がなされます。

軽自動車の場合

軽自動車検査協会のホームページの「受検方法の動画による解説」で、詳しく丁寧に解説されています。

メールで査定依頼する

このページの先頭に戻る

株式会社田中自動車
  • 本店
  • 本店展示場
  • 整備工場
  • 流山店
  • 石巻店
  • 春日部店
  • 水戸店